« ロックと民謡の夕べ | トップページ | 発掘された35年前の音源 »

2008年12月 2日 (火)

音が鳴るもの何でもありな音楽会

先陣を切って、おおき恒平さん登場

本日の出演者は4名。その中で唯一のギター弾きです。

脈々と流れるアイルランドの血が

まるでパイプオルガンを聴いてるよう。

Sany0005あっ皆さん純粋な日本人。

やさしい歌声に

店内の雰囲気が和みます。

アダマス12弦、本日は

6弦仕様が響きわたります。

Sany0009これ何でしょう?

ジョウゴのラッパで

店内の心をひとまとめに。

幻一郎さんの不思議な世界。

彼の七つ道具はドラえもん。

Sany0013大関順子さんはアジアの風。

三線もお得意で

ドミファソミドと

民謡を民謡らしく、そして

現代風に歌います。

Sany0017ヤマザキヤマトさんは

はじめて見る楽器の

オンパレード。

ここはアフリカ熱帯夜。

素敵な笑顔を客席へ

Sany0021アンコールでは大合唱。

オーディエンスは

博多の有名ミュージシャンが

大勢押し寄せての

ロックと民謡の夕べでした。

|

« ロックと民謡の夕べ | トップページ | 発掘された35年前の音源 »

 5・歩み」カテゴリの記事

コメント

実は私クォーターでアイリッシュの血が入ってます。だから時々無性にギネスが飲みたくなりますbeer

投稿: 泉北屋熊八 | 2008年12月 2日 (火) 11時53分

タータンチェックのスカート持ってますか?
例のカレー屋さんに
あがたさんが来るらしいよ。

投稿: 金太郎 | 2008年12月 2日 (火) 12時31分

ははぁ~ん・・・
それでアイリッシュのアンプを買わっしゃったばいねぇ~
どんならん・・・

使い方まちがってます!?coldsweats01

投稿: fiddle | 2008年12月 2日 (火) 15時55分

この場合、博多弁の最後に使用してますが
本来は、関西弁の最後に用いるのが正しい使い方です。
その際は、「でんがな」「まんがな」等の使用は
差し控えられたほうが好ましいとされております。
すぐに、エセ関西人とばれますよって、どんならん。

投稿: 金太郎 | 2008年12月 2日 (火) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120978/25826223

この記事へのトラックバック一覧です: 音が鳴るもの何でもありな音楽会:

« ロックと民謡の夕べ | トップページ | 発掘された35年前の音源 »