« 1枚40万円のチケット | トップページ | 友達連れて来たよ »

2008年9月 4日 (木)

人見知り OR 顔見知り

03_031初めてお会いしました。

距離わずかに65センチ。

背中で会話してます。

が、1曲したら

03_03210年来のお友達?

最近ベンちゃんは

まじめにがんばってます。

そんな雰囲気が好きです。

03_029ナオちゃんはいっつも

笑顔を届けてくれます。

みんなをとっても

幸せにしてくれます。

03_033今夜は女優さんも

遊びに来てくれて

その向こうには

とっても素敵なお声。

03_034振り向いてちょうだい。

あらら大峰さんやん。

こそっと帰国して

お忍びで参上しました。

初対面のお客様が

気軽に会話できる雰囲気っていいでしょ。

遠方でご覧の皆様、どうぞコメント割り込んで下さいな。

このページがコミュニティーとなり

掲示板となり、元気の確認して

そんなご利用を大歓迎いたします。

12月のライブ予定 こんなの発見しました。

|

« 1枚40万円のチケット | トップページ | 友達連れて来たよ »

 7・金太郎のタワゴト」カテゴリの記事

コメント

昨日は、ほんとに心地いい時間をありがとうございました! 言葉に表すとするなら、自転車で下り坂を降りてく時ペダルから足を投げ出すように離す あの感じ!?かなぁ。  演奏の内容からすると、嶋ちゃんがいたらもっと盛り上がったのにね。 人と知り合うのって本当にちょっとしたきっかけですね。それでは“嵐になるまで待って”楽しんで来まぁsign05す。

投稿: ベン | 2008年9月 4日 (木) 17時14分

そうやって完治していた病気が30年ぶりに再発し
深い深い落とし穴にはまっていくのです。
しかしながら、そこには夢の楽園が待っております。
少年の心を奮い立たせたあの時と同じ感触が。
ここはオヤジバンドの集まる店ではなく
ギター少年パラダイスなんです。
なんかいい表現やね。メモっとこ。
ではお芝居楽しんできて下さい。

投稿: 金太郎 | 2008年9月 4日 (木) 17時24分

青春の詩 サミュエル・ウルマン  

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、
安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年

月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であろうと、十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる
事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

  人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる。

  人は自信と共に若く 失望と共に老ゆる。

  希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない。

これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、この時にこそお店に見える人は全くに老いて神の憐れみを乞うる他はなくなる。

投稿: ウルマン | 2008年9月 4日 (木) 19時09分

「 詩人 サムエル・ウルマン 」について
私はかねがね、幻の詩人とも言われている「サムエル・ウルマン」が書いた「青春の詩」を座右の銘としています。  「青春の詩」は、ウルマンが70代で書いたものです。彼は1840年4月13日、ドイツのヘヒンゲンでユダヤ人両親の長男として誕生しました。その後、両親とともにアメリカに移民し、後半生をアラバマ州バーミングハムで過ごしたのです。ウルマンは、教育者として、またユダヤ教のレイラビ(精神指導者)として、実業家として幅広く精力的な活動をしていましたが、晩年になって数編の詩をつくりました。実はこの「青春の詩」は1922年に家族が発行した詩集「80年の歳月の頂から」の巻頭の詩です。ウルマンはこの詩集が発表された2年後の1924年3月21日84歳でこの世を去りました。

投稿: ヤリマン | 2008年9月 4日 (木) 19時37分

越後屋2の金ちゃん、元気ですか!!・・・便器ですかー!!
こんなねた、知ってまっか?
こんな話は、こっちゃに置いといて、フェンダーのハードケースが
売れました、今月も、金ちゃんのお店に行って、飲めます。。
アコギな商売しましたわー

明日は、岡やんと一緒に、日本で2番目に上手い、
フラマンの名手のライブを邪魔しに行きます。
きっと岡やんは、マンドリンを買うに違いない。
いやほんま!!

投稿: 越後屋 | 2008年9月 4日 (木) 23時26分

すんまへん、明日やのうて、土曜日ですわ。

投稿: 越後屋 | 2008年9月 4日 (木) 23時29分

越後屋の旦那。

ナッシュビルは土曜日じゃなかったですか?

投稿: 岡やん。 | 2008年9月 4日 (木) 23時31分

おっ時差が・・・。

マンドリンは買いまへんで~。

投稿: 岡やん。 | 2008年9月 4日 (木) 23時41分

誰やねん、こんなイタズラ・・・なんて
よく読んでみるとありがたいお言葉。
それに反応したコメント。
凄いね、ただの酔っ払いギター弾きやないんやね。
僕の便座の名は
人に厳しくです。
自分には甘くします。
もうひとつ
尻が軽くて口が堅い人も好きです。

投稿: 金太郎 | 2008年9月 5日 (金) 02時11分

大阪やろうが二人して
無料掲示板のご利用ありがとうございます。
あっ僕は悪徳商人ではありません。
アコギなギター弾きです。
土曜日のデートの前の
金曜に何かあるんだって?

投稿: 金太郎 | 2008年9月 5日 (金) 02時14分

素敵なレディをエスコートlovely

投稿: 岡やん。 | 2008年9月 5日 (金) 07時41分

あなたもオオカミに~変わりますかぁ?
素敵なレディですから
間違ってもオカマちゃんの店には行かないように。

投稿: 金太郎 | 2008年9月 5日 (金) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120978/23475173

この記事へのトラックバック一覧です: 人見知り OR 顔見知り:

« 1枚40万円のチケット | トップページ | 友達連れて来たよ »