« 年始のご挨拶2月編 | トップページ | 親子で学ぼう六弦教室 »

2008年2月14日 (木)

「明日に向かって走れ」と記者会見

13_002昨年の文化祭で

大活躍のイマジンバンド

次回に向けて

猛烈特訓中。

13_003耳慣れない選曲に

審査員はママと二人。

ブラバン出身の目は

厳しいよ。

本日は、文化祭の記録フィルム

その伝説は平成19年12月15日 午後5時

西新 WEST POINT に於いて始まった!

題して 「伝説の狂熱ライブ」 記者発表会です。

たくさんの方のご協力で大作が出来上がりました。

Disc1 98分  Disc2 88分 の豪華2枚組みボックス。

特別価格6,000円。一般店頭販売はありません。

すでに徹夜組3セット購入で残りわずか。

限定販売の為、売り切れの場合はご了承下さいませ。

出演者の皆様は強制無条件購入となっております。

どうか、なにとぞ、そこをなんとか、どうしても

ご協力お願い申し上げ候でございます。

13_009_2

|

« 年始のご挨拶2月編 | トップページ | 親子で学ぼう六弦教室 »

 5・歩み」カテゴリの記事

コメント

北九州組のジョージちゃんと珍道中のためお先に失礼しました!
次のバンド名「イマジン北山と自己満足」のバンド名が先に決まってからに・・・しかし、北山氏の選曲は金太郎では初めての曲もあり、なかなか幅広い・・いきなりライヴにうってつけのシンガーです。正に自己満足にピッタリでした!しかし、音合わせしたのは金太郎祭の本番以外今回が初めてなんですよね!だから一夜限りのぶっつけ本番ライヴがDVDには収められてますんで拝見してください。
DVDの制作に関しては膨大なテープの中から編集して、2枚組みに仕上げる技はやっぱりジョージちゃんかという芸当で、これまた浪費した時間を考えればお買い得としか言いようがありません。
以上PRでした!

投稿: 今賀(自己満足)旬 | 2008年2月14日 (木) 09時22分

丸金レコード販売営業推進部部長の旬様より
コメントいただきました。
ジョージちゃんさまにおかれましては
映像作家としての力を
300%も400%も出血大サービスで
プレーヤーの吐息や汗まで感じられる
豪華な仕上がりでございます。
早くも次回作のお問い合わせが。

以上PRでした!のPRでした。

投稿: 金太郎 | 2008年2月14日 (木) 11時05分

アッ!
今賀さんって、あなただったんですか!?
やっと今気づいた。

投稿: imagine北山 | 2008年2月14日 (木) 22時41分

人違い?
確か、ロス在住って聞いてますよ。

投稿: 金太郎 | 2008年2月15日 (金) 03時31分

>>出演者の皆様は強制無条件購入となっております。

訳するに、『出演したバンドは、強制無しで、条件さえ合えば購入ください』 ということですよね?
いやぁ、『出演したヤツらは、強制的に、無条件で購入せよ』 と読んでしまい、びっくらこきましたヨ…。

噂では、本編のあとにメイキングビデオ2時間あるとか…?

投稿: ALEX@おとぼけ | 2008年2月16日 (土) 12時46分

ウップ 句読点の使い方間違えた。
枕元に置いて寝ると
幸運の夢見る特典あり。
玄関先では魔よけの効果も。

投稿: 金太郎 | 2008年2月16日 (土) 13時09分

アレやん。
マルハのギターについて教えて!最近ヤフオクでFB160入手したのですが情報が少なくてよくわかりません。久留米だしアストリアスとの関係は?

投稿: 岡太郎。 | 2008年2月16日 (土) 13時14分

ALEX@アコギ研究所さん
よろしくお願いします。

投稿: 金太郎 | 2008年2月16日 (土) 13時34分

DVDを買うと・・・
トイレでは臭い取り、車の中では交通安全、家の中では家内安全、商売に使えば千客万来、宝くじを買えば高額当選!仕事で使えば大口受注!
金太郎で使えば・・・”金太郎春の陣”優先出演の権利がもらえます!

投稿: 丸金レコード販促部出部長 | 2008年2月18日 (月) 13時35分

過大広告にご協力ありがとうございます。
大日本国広告審査機構

投稿: 金太郎 | 2008年2月18日 (月) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120978/10490611

この記事へのトラックバック一覧です: 「明日に向かって走れ」と記者会見:

« 年始のご挨拶2月編 | トップページ | 親子で学ぼう六弦教室 »