« サンバとボザノバとジャズ | トップページ | マージービートを占拠して »

2008年1月26日 (土)

30年ぶりの再会と有名監督

25_006ひっさしぶりの

昔の同僚の同窓会。

30年経ちました。

その中に

25_001ギター少年がおりました。

最初から最後まで

自動演奏&伴奏マシーン。

とてもお上手でした。

25_002中央に鎮座してる監督は

先日、日本一になったラクビー部代表。

もう一方は

皆さんがいつも拝んでる

25_003ジョンさまの写真の

直接ご指導したご本人。

そして呼び出されました

卒業生2名。

25_005笑顔が素敵な

大きな巨人でした。

中央には

フラメンコダンサー。

金太郎はというと

カウンターでお初の

ギター少年史郎ちゃんとの話しに夢中でした。

次回デビューしましょう。

画像はその時までオアズケ。

|

« サンバとボザノバとジャズ | トップページ | マージービートを占拠して »

 7・金太郎のタワゴト」カテゴリの記事

コメント

今頃、何でございますがギター少年でございます。過日は実に気持いいヒトトキをありがとうございました。東京に2年前までの約9年間、それ以前も大分・熊本で6年間、つまりは都合15年間も単身赴任してましたが、福岡にこんなに素敵な店があったとは!
東京では六本木と池袋で似たフィーリングのお店に入り浸ってましたが、30年振りの再会劇がなかったら、知らず仕舞になるところでした。全く畑違いの再就職先でまだまだ余裕も無いのですが、また必ずお邪魔したいと思ってます。ギターはボケ防止にもなりますしね(笑)

投稿: H-kishimoto | 2008年2月11日 (月) 00時54分

H-kishimoto 様
あの日は、確かに少年の笑顔でした。
劇的な再会で皆さんも楽しそうでしたね。
ところでギター腕前ですが
ビックリです。スラスラと歌詞も出てくるし。
幅広いレパートリーだし。
またひとりお仲間が誕生しました。
お待ちしております。

投稿: 金太郎 | 2008年2月12日 (火) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120978/10076368

この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶりの再会と有名監督:

« サンバとボザノバとジャズ | トップページ | マージービートを占拠して »