« 岡ヤンのボーナスの行方 | トップページ | フォークの王子 »

2007年7月 4日 (水)

学生時代のお宝

03_005_274年製

モーリス W-30

寺田楽器でのOEM生産。

ペグを実用向きに交換。

長年愛用の一本です。

シリアル№ 122094 

若気のイタリで

ロゴが消されております。

 

03_003_2

H.Sasaki の 検品者のサイン

社判の押されていない

茶色ベースの

72年仕様のラベルです。

後付で純正PU搭載

03_006こちらはグヤトーン製

後姿もとても美しい木目です。

「育った」とは

こんなギターを言うのでしょう。

素晴らしい鳴りです。

03_008_1そしてこちらは

まだシリアルの刻印の無い

70年代初期の

グレコ レスポール カスタム

バインディングに特徴あります。

金属部はクローム仕上げ。

リアPUのみオープン。

ずっしりと重い固体から

図太い音かします。 

03 73年頃より使われ始めた

ゴトー製ロトマチック

ギヤカバーに☆が入ってるので

「星ペグ」と呼ばれていました。

コントロール部も独特の設計で

オリジナルを保った

貴重な一本です。 

71年~74年頃まで使用の

「グネコ・ロゴ」

03_009第3期のロゴになります。

ブロック体に近くなっていて

「r」 が 「n」 に見える事から

通称 グネコ と呼ばれます。

例外もありますが。

デタッチャブルネック仕様

偶然にも、当時より

まったく同じギターを持ってある

お客様もいらっしゃいます。

 

どちらも学生時代より

30年以上もの長い年月の間

大事に愛用されたギター達です。

それぞれのオーナー様の愛が感じられる

幸せなギターです。

|

« 岡ヤンのボーナスの行方 | トップページ | フォークの王子 »

 9・自慢の恋人」カテゴリの記事

コメント

わが娘の(?)ご紹介ありがとうございました。
皆さんが弾いて下さって、また鳴りが良くなったかも・・・
あれにちゃんとしたピックアップでもつけて、
ライブで使ってみようかとも考えております。
エッ、ダメですか!?
今度相談します。

投稿: カトチャン | 2007年7月 4日 (水) 14時56分

とてもカワユイ娘さんです。
何処へ出しても恥ずかしくない教育を
お受けになられてます。
ヤンチャした過去がございますが、
立派な成人になられてます。
まだまだ現役で問題ないでしょう。

投稿: 金太郎 | 2007年7月 4日 (水) 16時00分

Mネタは好物ですが、補足する隙もございません…。

不思議なのは、この時代のモーリスのラベルの製造年のところに、“Ano”というフランス語っぽい表記が入るのですね。
なんざんしょ?

投稿: ALEX@六馬倶 | 2007年7月 5日 (木) 00時48分

大先生を前にして
お恥ずかしゅうございます。
どっかのサイトや、専門書のパクリです。
私もフランス生活が長かったのですが
確かに“Ano”の記載が。
そして今夜の日記は貴方様のネタを拝借します。

投稿: 金太郎 | 2007年7月 5日 (木) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120978/7024736

この記事へのトラックバック一覧です: 学生時代のお宝:

« 岡ヤンのボーナスの行方 | トップページ | フォークの王子 »