« ライブに行こう | トップページ | 投稿写真 »

2007年5月 1日 (火)

目の保養

よかもんば見せていただきました。

2001年製HD-28です。

D28_3D28_5D28_1ナット、ブリッジ、

ネックの調整をして

全体をクリーニング。

指板のお手入れは

特に入念に。

随分と弾きやすくなりました。

柔らかい音色を奏でてくれます。

まだ若いお嬢様ですので

今後が楽しみです。

 

Ay38_6Ay38_3Ay38_1こちらのヤイリさんは

輸出マークが光ってますね。

ウルトラ警備隊

ではありませんよ。

実践向きに

衝動買いだそうで。

なんとも羨ましい。

 

 

 

Fb150m6今回の一番興味がこちら。

マルハfrom久留米。

0フレット仕様ですから70年代でしょう。

何人の手を渡ってきたのでしょうか?

 

無数の歴史がボディーに刻まれております。

いい感じに枯れてきてますね。

すべて調整完了してご主人様の元へ帰還いたしました。

マルハはしばらくお借りいたします。      Fb150m1 

|

« ライブに行こう | トップページ | 投稿写真 »

 7・金太郎のタワゴト」カテゴリの記事

コメント

“C.F.Martin HD-28”、当家にも同い歳の従兄“HD-28V”が居ります。長男のバースイヤーモデルとしてデッドストックを確保したものの、触るのも勿体なく、購入以来ずっとハードケースのまま段ボールの中で深い眠りに・・・。
背番号793***ですので、写真の従弟よりも数ヶ月先に生まれたものと思われ。(ちなみにこの年、D28は936本、HD28が709本、HD28Vが154本製造されています・・・)
新品ながら、やや老け顔(ヴィンテージルック)でございます。
やはりギターは弾いてやってナンボ。段ボールでお休みでは可哀想ですが・・・。

ときに、貴店常連各位にとって“Martin”は“マーチン”ですよね? 楽器店の20代の店員の中には、“マーティン”と呼ぶ輩がいるようで(発音もフラットに)。
“Gibson”も、ギにアクセントを置いて下がっていくイントネーションではなく、抑揚なく4音フラットに、あるいは語尾を上げ気味に読むのが増えているようです。ちょうど、パンツ(下着)とパンツ(ズボン)の違い? または彼氏(中年)とカレシ(若年)の抑揚の違いと同様の流れですか・・・。

投稿: ALEX@六弦馬鹿倶楽部 | 2007年5月 1日 (火) 22時59分

兄弟ですね。
当店へ養子縁組しましょうか。
弾き込んであげますよ。
ところで発音についてですが
クラブと倶楽部には泣かされます。
何でも上げればいいちゅうもんじゃないよね。
ヤフオクでもアッセンブリとアセンブリは
どっちが正しいのか統一してほしいんですが。
そうそうブィトン?ビトン?ヴィトンだっけ?

投稿: 金太郎 | 2007年5月 2日 (水) 00時02分

カルチェは、カルティエ、もしくはカルテュエになったらしいです。
ギターでうえば、イバニーズがアイバニーズという発音に変わりました。これは、輸入代理店の変更によるものですが…。
輸入代理店の変更によるといえば、ラム酒のバカルディも、バカディになりました(とともに、お笑いのバカルディも、TIM(Time Is Money)になりましたが)。コミャックのクルバゼは、クルボァジェです。

投稿: ALEX@六弦馬鹿倶楽部 | 2007年5月 2日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120978/6265025

この記事へのトラックバック一覧です: 目の保養:

« ライブに行こう | トップページ | 投稿写真 »