« 素敵な週末 | トップページ | スーパースターⅡ »

2006年9月11日 (月)

スーパースター

_105昨日の謎のギターの正体を暴くの巻。

70年代中期に製造されたとても豪華なかつ貴重

な固体である。もともとMartin D-45を模し、

元アリスの堀内孝雄氏のパーソナル・モデル

として製作され、当時の工場の最高責任者

1のサインがラベルに有ります。70年代当初は

TFシリーズであった為にヘッドのデザインに

色濃く残っており、これがMartin の雰囲気を

漂わせております。当時のモーリスはシリアル#

から年代を割り出すことが出来ず、オーナーの

_108

記憶によると74製との事。(シリアル#940804)

トップはスプールス(松)単板、サイドはハカランダ

(合板)、バックは3ピース構造。

ブックマッチ(左右対称)のハカランダが美しい

メイプルを挟んでいます。ネックはかなりきつい

3

Vタイプで、エリック・クラプトン好みのオールド

仕様です。この固体の最大の特徴はなんと

言っても指板の豪華な唐獅子模様のインレイ

である。わざわざこのインレイ付き指板を外し、

更に上位機種へ移植した例もあります。

_109

それほどまでに特別な豪華仕様であった訳で

す。もうひとつ特別な理由があります。

初代オーナー様が入手した経緯に!。

http://mosimo.yoka-yoka.jp/ 

9月10日の日記へ

内蔵マイクの取り付けがされている以外の改造は無く

まさにデッドストック状態。きれいなあめ色に成長しております。

オリジナルケースも付属。ただ、弾きこまれていないためか高音の

角が取れておらず今後の成長が楽しみである。流石に鳴りは最高

でプレーヤーの身体に直に伝わる感があります。

今回、3代目オーナー様の好意で初代様の元へ里帰りしました。

現在、復刻として販売されておりますがこちらは更に豪華版で55万円です。

モーリス持てば

スーパースターも夢じゃない。

なんとも懐かしいキャッチである。

|

« 素敵な週末 | トップページ | スーパースターⅡ »

 9・自慢の恋人」カテゴリの記事

コメント

お!そのAMラジオで聞いた懐かしのコマーシャルフレーズは!
誰でしたっけ?
いろんな人がやってましたっけ?
飛べない飛行船とか、アホウドリとか?!
違ったっけ

投稿: とみすtomy | 2006年9月11日 (月) 09時04分

同じ時代の空気を吸って育ったんですね。
反応が早くて嬉しいです。

投稿: 金太郎 | 2006年9月12日 (火) 03時07分

本日はお電話でのお問い合わせでしたが、ありがとうございました。
早速チラッと覗きに来させて頂きました。
いやいや、楽器とお酒に囲まれた、うらやましい環境だなぁ、と心が飛んでいきそうですが・・・
また何かありましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

いやしかし・・・W-100Dのデッドストックなんて・・・私はリペア暦はそれほど長いわけではないのですが、それでも初めて見ました!
しかもまだ高音が取れ切ってないなんて、レアすぎますね~

投稿: あしざわ | 2006年11月14日 (火) 15時34分

たいへんお世話になりました。
ところで、ねぇ凄いでしょ。
昼間はこんな事やってますので
色々と力になって下さい。
ありがとうございました。

投稿: 金太郎 | 2006年11月15日 (水) 03時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120978/3395983

この記事へのトラックバック一覧です: スーパースター:

« 素敵な週末 | トップページ | スーパースターⅡ »