« 解禁と快感 | トップページ | 本物のフィート »

2006年8月18日 (金)

インチとレンチのお勉強

エレクトリックギターはアメリカで発達した関係で、インチの物差しで出来ている部分が沢山あります。

このため金太郎の部屋には、インチのレンチとセンチのレンチが無いと仕事になりません。

なんのこっちゃ?

ところがインチという単位には、メートル法で育った我々には非常に理解しにくい部分があります。

それはまず、10進法でないことです。

インチの上の単位は、12インチで1フィット(複数形はフィート)、

その上は3フィートが1ヤード、

そして1マイルは1,760ヤードです。

金太郎は、ゴルフせんし、国際免許ももたんけん解らん。

そして更に厄介なのが、1インチ(25.4㎜)より小さい場合です。

この場合基本的に、2,4,8,16,32,64を分母とする分数で表すのです。

つまり17/32インチとか、39/64インチという表記になるわけです。

_041_1こんなんどっちが大きいかわからんやん。

しかもそれだけだと思ったら大間違い。

1/2インチのさらに1/10のサイズのレンチが存在したりします。

ストラトキャスターの弦高調節ネジがこのサイズです。

アメリカ人もこれが面倒らしくメトリックの物差しも使われてきています。

政府も推薦してますが、道路標識の書き換え等の問題でなかなか踏み切れないようです。

国民性でしょうか、カタログ上のデータもあいまいです。

20年ほど前に、アメリカより個人輸入したコンバース(スニーカー)のヒモ穴が、左右で違っていたり、ジーンズのサイズは適当だったり、よくある話です。

更に更に厄介なことに、ギターフリークにとっては、インチ規格に対する盲目的な憧れがあります。

インチ規格のネジの太さやねじ山のピッチに、えも言わぬ美しさを感じとります。

どうでもいいことばってん。

最後までご覧になられた方へ

お付き合いくださって感謝いたします。

|

« 解禁と快感 | トップページ | 本物のフィート »

 7・金太郎のタワゴト」カテゴリの記事

コメント

金太郎さん、見直しましたバイ。
そげん詳しいとは知りませんでした。
私は、ちったーゴルフするんで、ヤードの感覚が少しぐらいわかりますが、1マイルが1760ヤードちゃ知りませんでした。
ところで、1マイルは何キロかいな?

投稿: 龍厳寺英山 | 2006年8月19日 (土) 08時33分

嬉しいコメント有難う御座います。
残念ながら参考資料にはその様な記載が有りませんのでお答えできません。
金太郎の脳みそからは湧き出てきませんのであしからず。
男らしく言うと
「丸写しでござる」と言う事です。

投稿: 金太郎 | 2006年8月19日 (土) 10時21分

え~っと、インチとレンチとセンチと・・・フィットがフィートの
マイルでヤードちゅうワケですね!
・・・頭がコンランしてますが、金太郎さんはスゴイ!
てことだけワカリマシタ!

投稿: moco | 2006年8月19日 (土) 21時46分

つい知ったかぶりをしたばっかりに、引っ込みがつかなくなっとります。
金太郎のタワゴトが独り言で終わらないように勉強していく覚悟で御座います。
絶対に
多分
なるべく
予定
もしかして
未定

投稿: 金太郎 | 2006年8月20日 (日) 04時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120978/3092749

この記事へのトラックバック一覧です: インチとレンチのお勉強:

« 解禁と快感 | トップページ | 本物のフィート »